痘痕も靨

【読み】 あばたもえくぼ
【意味】 あばたもえくぼとは、愛する者に対しては、欠点さえも長所に見えることのたとえ。

【痘痕も靨の解説】

【注釈】 自分が好きになった(惚れてしまった)相手であれば、あばたでさえひいき目で可愛らしいえくぼに見えるということ。
「あばた」とは、皮膚の天然痘が治ったあと、皮膚に残る小さなくぼみのこと。
【出典】
【注意】
【類義】 愛してその醜を忘る/屋烏の愛/好いた目からは痘痕も靨/禿が三年目につかぬ/鼻そげも靨/惚れた目には痘痕も靨/惚れた欲目/身内の欲目/面面の楊貴妃
【対義】 親が憎けりゃ子も憎い/坊主憎けりゃ袈裟まで憎い
【英語】 Love covers many infirmities.(愛は多くの欠点を覆い隠す)
Love is blind.(恋は盲目)
【用例】 「あばたもえくぼで、鼻の下に大きなほくろのある妻を、マリリンモンローのように色気ある女性だと思っている」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス