阿鼻叫喚

【読み】 あびきょうかん
【意味】 阿鼻叫喚とは、非常に辛苦の状況に陥った人が、泣き叫び、救いを求めるようす。また、悲惨でむごたらしいようす。

【阿鼻叫喚の解説】

【注釈】 「阿鼻」とは、仏教で説く八大地獄の第八で、地下の最深部にある最悪の地獄のこと。父母を殺すなどの最大の罪を犯した者が落ち、身を焼かれ絶え間なく苦しみを受ける。
「叫喚」とは、泣き叫ぶこと。
阿鼻地獄に落ちた者が、わめき泣き叫ぶさまから。
【出典】
【注意】 「阿鼻狂喚」と書くのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「町中は一瞬にして阿鼻叫喚の巷と化した」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

阿鼻叫喚(あびきょうかん)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
阿鼻叫喚の意味・語源・由来 - 語源由来辞典
阿鼻叫喚の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス