虻蜂取らず

【読み】 あぶはちとらず
【意味】 虻蜂取らずとは、欲張って二つのものを同時に手に入れようとしたために、結局はどちらも得られず失敗すること。

【虻蜂取らずの解説】

【注釈】 虻も蜂も両方を捕まえようと(退治しようと)して、二つも取り逃してしまうことから、両方とも手に入れようとして、結局は何も得られないことをいう。
欲を出しすぎることや、方針が曖昧にしておくことを戒めるときに使う。
「虻蜂取らず鷹の餌食」「虻も取らず蜂に刺される」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 一も取らず二も取らず/心は二つ身は一つ/大欲は無欲に似たり二兎を追う者は一兎をも得ず/花も折らず実も取らず/右手に円を描き、左手に方を描く/欲の熊鷹股裂くる/欲張って糞垂れる/欲は身を失う
【対義】 一挙両得/一石二鳥/一箭双雕
【英語】 Between two stool the tail goes to ground.(二つの腰掛けの間で尻餅をつく)
If you run after two hares, you will catch neither.(二兎を追う者は一兎をも得ず)
He that hunts two hares loses both.(二兎を追う者は両方を失う)
【用例】 「夢がたくさんあるのは良いことだが、きちんと自分の信念を持たなければ、結局は虻蜂取らずに終わるだろう」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス