危ない橋を渡る

【読み】 あぶないはしをわたる
【意味】 危ない橋を渡るとは、目的を達成するために、危険な手段をあえて使うことのたとえ。

【危ない橋を渡るの解説】

【注釈】 今にも落ちそうな危険な橋を渡ることから。
特に法に触れる、すれすれのことをするときに使う。
「危険な橋を渡る」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 剣の刃を渡る
【対義】 石橋を叩いて渡る
【英語】 stick one's neck out.(首を突き出す)
※ 「あえて危険を冒す」という意味。
【用例】 「経営は破綻しそうだが、できれば危ない橋を渡るようなことはしたくない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス