彼方を立てれば此方が立たず

【読み】 あちらをたてればこちらがたたず
【意味】 あちらを立てればこちらが立たずとは、両方が納得するような、また喜ぶようなことをするのは難しいということのたとえ。

【彼方を立てれば此方が立たずの解説】

【注釈】 片方の面目が保たれるようにすると、もう片方の面目が保たれず、その逆もまた然り。
双方の体面が傷つかないようなことをするのは困難なことであるという意味。
「あちら立てればこちらが立たぬ」ともいう。
また、「あちらを立てればこちらが立たぬ、双方立てれば身が立たぬ」と続けてもいう。
【出典】
【注意】
【類義】 頭押さえりゃ尻上がる/彼方を祝えば此方の怨み/痛し痒し/彼方に良ければ此方の怨み/出船に良い風は入船に悪い/右を踏めば左があがる/両方立てれば身が立たぬ
【対義】
【英語】 It is hard to please all parties.(全ての人を喜ばせるのは難しい)
【用例】 「嫁と姑の間に挟まれたが、あちらを立てればこちらが立たずで、両方から責められてもううんざりだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス