徒花に実は生らぬ

【読み】 あだばなにみはならぬ
【意味】 徒花に実は生らぬとは、どんなに見かけがよくても、内容が伴わず着実におこなわれない計画は、よい成果が得られないということ。

【徒花に実は生らぬの解説】

【注釈】 「徒花」とは、咲いても実を結ばずに散る花という意味。
いくら美しい花を咲かせようとも、実を結ばない徒花では仕方がないということから。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「徒花に実は生らぬだ、もっと内容を煮詰めてから開始するべきだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス