敢えて後れたるに非ず、馬進まざればなり

【読み】 あえておくれたるにあらず、うますすまざればなり
【意味】 敢えて後れたるに非ず馬進まざればなりとは、自分の手柄を誇らずに、謙遜することのたとえ。

【敢えて後れたるに非ず馬進まざればなりの解説】

【注釈】 魯の大夫孟之反が、戦争で味方の軍隊が敗れて退散するとき、わざと遅れて最後尾につき敵を防いだ。
軍がそのときの功績を称えようとすると「馬が進まなかったために遅れた」と言って、自分の手柄を誇らなかったという故事に基づく。
【出典】 『論語』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「敢えて後れたるに非ず、馬進まざればなりというが、彼は決して手柄を自慢しない男だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス