合縁奇縁

【読み】 あいえんきえん
【意味】 合縁奇縁とは、人と気持ちが通じ合うのも、通じ合わないのも、不思議な縁によるものだということ。

【合縁奇縁の解説】

【注釈】 「合縁」は気心の合う縁、「奇縁」は奇しき縁(不思議な巡り合わせ)という意味。
「愛縁奇縁」「合縁機縁」とも書く。
【出典】
【注意】
【類義】 縁は味なもの/縁は異なもの味なもの/何事も縁/虫が好く
【対義】
【英語】
【用例】 「合縁奇縁というべきか、義理の兄弟とはとても気が合う」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス