挨拶は時の氏神

【読み】 あいさつはときのうじがみ
【意味】 挨拶は時の氏神とは、喧嘩や争いごとの際に仲裁してくれる人がいたら、それに従うのがよいということ。

【挨拶は時の氏神の解説】

【注釈】 ここでいう「挨拶」とは、争いの間に立って仲裁すること。
「氏神」とは、祖先をまつった神のこと。
争いが起きた時に仲裁してくれる人は、氏神様のようにありがたい存在なので、その仲裁には従い、早くおさめよということ。
【出典】
【注意】
【類義】 仲裁は時の氏神/仲人は時にとっての氏神
【対義】
【英語】 Blessed are the peacemakers.(神の祝福を得るべき者、それはいさかいの調停者)
【用例】 「挨拶は時の氏神だ。強情をはらずに友人の言うことを素直に聞きなさい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス