相手変われど主変わらず

【読み】 あいてかわれどぬしかわらず
【意味】 相手変われど主変わらずとは、相手が次々と変わっても、こちらは常に同じことを繰り返しているというたとえ。

【相手変われど主変わらずの解説】

【注釈】 状況は変わっても、やっているのは同じことの繰り返しだということ。
「相手変われど手前変わらぬ」「相手変わって主変わらず」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「相手変われど主変わらずで、あの作家はどんなに優秀な編集者がついても、締め切りを守ったことがない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス