赤子の手を捻る

【読み】 あかごのてをひねる
【意味】 赤子の手をひねるとは、無力の者をたやすく負かしたり、物事をやすやすと行えることのたとえ。

【赤子の手を捻るの解説】

【注釈】 「赤子」とは、赤ん坊・赤ちゃんのこと。
赤ちゃんの手をひねるくらい簡単にできるということで、力の差が非常に大きい場合に用いられる。
また、力の強さや能力の高さがきわめて大きいという意味を含んだ場合に使われる。
「赤子の手をねじる」ともいう。
【出典】
【注意】 「赤子をひねる」というのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「彼にとっては、赤子の手をひねるより簡単な仕事だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス