空き樽は音が高い

【読み】 あきだるはおとがたかい
【意味】 空き樽は音が高いとは、中身のない人ほどよくしゃべるということのたとえ。

【空き樽は音が高いの解説】

【注釈】 中身のある樽を叩けば重々しい音がするものだが、からっぽの樽を叩いたときは大きな音が出ることから。
おしゃべりな者は軽薄であるということ。
「空き樽は音高し」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 浅瀬に仇波口自慢の仕事下手鳴く猫は鼠を捕らぬ/能無し犬の高吠え/能無し犬は昼吠える/能無しの口叩き/光るほど鳴らぬ/吠える犬は噛みつかぬ/痩せ犬は吠える
【対義】 食い付く犬は吠え付かぬ/上手の鷹が爪隠す/大賢は愚なるが如し/大賢は愚に近し/大巧は巧術なし/大巧は拙なるが若し/大才は愚の如し/大智は愚の如し/大知は知ならず/鳴かない猫は鼠捕る/鼠捕る猫は爪隠す/能ある鷹は爪を隠す/能ある猫は爪隠す/深い川は静かに流れる/猟する鷹は爪隠す
【英語】 Empty vessels make the most sound.(空の容器は一番大きな音を立てる)
【用例】 「空樽は音が高いというが、彼はよくあんなにもくだらない話を長々と続けるものだね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス