商いは牛の涎

【読み】 あきないはうしのよだれ
【意味】 商いは牛の涎とは、商売をするには、せっかちであってはならず、気長に辛抱強く続けるべきであるということ。

【商いは牛の涎の解説】

【注釈】 商売をするには、一時に大もうけをしようとすれば失敗するものだから、牛の涎のように細く長く切れ目なく気長に続けねばならないという意。
「商人(あきんど)は牛の涎」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「そんなに焦る必要はない、商いは牛の涎というだろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス