秋茄子は嫁に食わすな

【読み】 あきなすはよめにくわすな
【意味】 秋茄子は嫁に食わすなとは、おいしい秋のなすは、もったいないから嫁には食べさせるなという姑の嫁いびりの言葉。
また、反対に、なすは体を冷やす、あるいは種が少ないので子供ができないといけないから、嫁には食べさせるなという嫁を大切に思う言葉。

【秋茄子は嫁に食わすなの解説】

【注釈】 姑が嫁をいびる、あるいは大切にする、二つの意味がある言葉。
「秋茄子」は「秋なすび」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 秋かますは嫁に食わすな/秋鯖嫁に食わすな/秋蕗嫁に食わすな/五月蕨は嫁に食わすな
【対義】 秋茄子嫁に食わせよ
【英語】
【用例】 「秋茄子は嫁に食わすなと言うから、収穫した茄子は嫁に隠しておこう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス