秋の扇

【読み】 あきのおうぎ
【意味】 秋の扇とは、愛が薄らいだために男に見捨てられた女のたとえ。

【秋の扇の解説】

【注釈】 夏の暑いときには重宝された扇も、秋になれば暑さもなくなり用が無くなることから。
前漢の成帝の妃・班婕妤(ハンショウヨ)が、成帝の寵愛を失い、不要になった我が身を秋の扇にたとえて嘆きの詩『怨歌行』を詠んだという故事に由来する。
【出典】 『文選』
【注意】
【類義】 秋風が立つ/団雪の扇/斑女が扇
【対義】
【英語】
【用例】 「あれほど大切にされていた私も、今では秋の扇だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス