秋の鹿は笛に寄る

【読み】 あきのしかはふえによる
【意味】 秋の鹿は笛に寄るとは、恋に溺れて身を滅ぼすことのたとえ。また、弱みにつけこまれて危険な目にあうことのたとえ。

【秋の鹿は笛に寄るの解説】

【注釈】 秋になると鹿は発情期のため雄と雌が互いに求愛するものだが、人が雌鹿に似た鹿笛を吹くと雄鹿はそれに誘われて近づいてきて、人間に捕らえられてしまうことから。
「飛んで火に入る夏の虫」と並べて用いられることもある。
【出典】
【注意】
【類義】 妻恋う鹿は笛に寄る/笛に寄る鹿、火に寄る虫/笛に寄る鹿は妻を恋う
【対義】
【英語】
【用例】 「秋の鹿は笛に寄るというもので、彼は彼女と関わってから仕事も財産も失った」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス