悪貨は良貨を駆逐する

【読み】 あっかはりょうかをくちくする
【意味】 悪貨は良貨を駆逐するとは、一つの社会で名目上の価値が等しく、実質上の価値が異なる貨幣が同時に流通すると、良貨はしまい込まれて市場から姿を消し、悪貨だけが流通するという「グレシャムの法則」のこと。
転じて、悪がはびこると善が滅びるというたとえにも使われる。

【悪貨は良貨を駆逐するの解説】

【注釈】 グレシャムの法則のことで、金本位制の経済学の法則のひとつ。
十六世紀、エドワード六世・エリザベス一世のもとで財務顧問を担当した貿易商グレシャムが唱えた経済法則で、エリザベス一世に提出した意見書にあることば。
英語は「Bad money drives out good.」
「駆逐する」とは追い払うという意味。
現在では経済法則から離れて、悪人(物)がのさばる社会では善人(物)が追い払われるという意味で使われることが多い。
【出典】
【注意】 使いづらさのために姿を見せにくくなった貨幣に用いるのは誤り。
誤用例 「悪貨は良貨を駆逐するというように、すっかり二千円札を見なくなったね」
【類義】
【対義】
【英語】 Bad money drives out good.(悪貨は良貨を駆逐する)
【用例】 「悪貨は良貨を駆逐するで、人気ブランドのコピー商品が安く手に入るから、本物のブランド品は全く売れなくなったそうだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス