悪法もまた法なり

【読み】 あくほうもまたほうなり
【意味】 悪法もまた法なりとは、たとえ悪い法律であっても、それが効力を持っている以上、法は法であるから守らなければならないということ。

【悪法もまた法なりの解説】

【注釈】 古代ギリシャの哲学者ソクラテスが、裁判にかけられ死刑判決を言い渡されたときに言った言葉といわれている。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「君が腑に落ちないのも無理はないが、悪法もまた法なりだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス