悪因悪果

【読み】 あくいんあっか
【意味】 悪因悪果とは、悪い行いには、悪い結果や報いが必ずあるものだということ。

【悪因悪果の解説】

【注釈】 「因」は原因の因で、「悪因」とは悪い結果を招く原因のこと。
「果」は結果の果で、「悪果」とは悪い結果のこと。
もとは仏教のことばで、因果応報の悪いほうの意味。
【出典】
【注意】
【類義】 悪因苦果/悪事身に返る/悪事身にとまる/因果応報/因果覿面/因果は巡る/自業自得/自業自縛/自縄自縛身から出た錆/我が刀で首切る
【対義】 陰徳あれば必ず陽報あり/善因善果/福因福果
【英語】 An ill life an ill end.(悪い生き方をすれば悪い死に方をする)
【用例】

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス