悪に強ければ善にも強し

【読み】 あくにつよければぜんにもつよし
【意味】 悪に強ければ善にも強しとは、たいへんな悪人ほど、いったん改心すれば非常な善人になるということ。

【悪に強ければ善にも強しの解説】

【注釈】 大きな犯罪をおかすような人はもともと強い性格の持ち主であるから、いったん悔い改めると中途半端にとどまらず、非常な善人になるということ。
「悪に強きは善にも強し」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 善に強い者は悪にも強い
【対義】 伽羅も焚かず屁もこかず/沈香も焚かず屁もひらず/線香も焚かず屁もひらず
【英語】 The greater the sinner, the greater the saint.(悪に強ければ善にも強い)
【用例】 「悪に強ければ善にも強しで、あの凶悪犯が刑務所では一番の模範囚だったそうだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス