悪妻は百年の不作

【読み】 あくさいはひゃくねんのふさく
【意味】 悪妻は百年の不作とは、悪い妻を持つと自分が一生不幸になるだけでなく、子孫にまで影響を及ぼすということ。

【悪妻は百年の不作の解説】

【注釈】 昔は家事や育児がすべて妻に任されていたため、家庭を任せられない妻を選ばないよう男性に対して言われた教訓的なことわざ。
「悪妻は一生の不作」「悪妻は六十年の不作」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 一生の患いは性悪の妻
【対義】
【英語】 An ill marriage is a spring of ill fortune.(望ましくない結婚は不幸の泉)
【用例】 「悪妻は百年の不作というから、結婚には慎重になったほうがよい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス