悪銭身に付かず

【読み】 あくせんみにつかず
【意味】 悪銭身につかずとは、不当な手段で得た金銭は、とかくつまらないことに使ってしまい残らないものだという教え。

【悪銭身に付かずの解説】

【注釈】 「悪銭」とは、盗みやギャンブルなどで手に入れた金のこと。あぶく銭。
金は汗水垂らして働いて得るものであり、競馬や宝くじなど公営とされている博打でも「悪銭」とみなされることがある。
【出典】
【注意】
【類義】 あぶく銭は身に付かぬ
【対義】 正直の儲けは身に付く
【英語】 Soon gotten soon spent.(早く儲けた金は早く無くなる)
Ill got, ill spent.(不当な手段で得たものは不当に使われる)
【用例】 「競馬で大穴を当てたって?どうせすぐに消えてしまうだろう、悪銭身につかずというからな」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス