雨夜の月

【読み】 あまよのつき
【意味】 雨夜の月とは、想像するだけで見えないもの、実現しないことのたとえ。あり得ないと思っていたことが、まれにあった時にも用いる。

【雨夜の月の解説】

【注釈】 雨が降っている夜にも月はあるが、目には見えないことから。
【出典】
【注意】
【類義】 雨夜の星/網の目に風とまる/雨の夜にも星/蚊帳の目に風たまる
【対義】
【英語】
【用例】 「宝くじが当たることばかり考えているが、雨夜の月というものだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス