蛙鳴蝉噪

【読み】 あめいせんそう
【意味】 蛙鳴蝉噪とは、やかましく騒ぎ立てたること。くだらない議論や下手な文章のたとえ。

【蛙鳴蝉噪の解説】

【注釈】 「噪」は、さわぐ、やかましく言い立てるの意。
蛙や蝉がやかましく鳴き騒ぐように、ただ騒ぐだけで何の内容もないことから。
「蝉噪蛙鳴」ともいう。
【出典】 『儲欣』
【注意】 「噪」を「操」や「騒」と書くのは誤り。
【類義】 蛙鳴雀噪
【対義】
【英語】
【用例】 「どうせ蝉噪蛙鳴の議論になるだけだから、出席する必要はない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス