穴があったら入りたい

【読み】 あながあったらはいりたい
【意味】 穴があったら入りたいとは、穴があったら入って身を隠したいほど、恥ずかしくてたまらないようす。

【穴があったら入りたいの解説】

【注釈】 『賈誼新書』に「季孫これを聞きて慙ぢて曰く、穴をして入るべからしめよ、吾豈宓子を見るに忍びんや、と(季孫は自分のあさはかさを恥じて、身の置きどころがないと思い、穴があったら入りたい。宓子に会わせる顔がないほど恥ずかしい」と言ったという。)」とあるのに基づく。
斉が攻撃をしてくることを知った魯の地方の領主・季孫は、町長である宓子に、敵の食料にならないよう町中の麦を全員で刈るように命じた。しかし宓子はそうしなかったため、麦は敵の食料にされてしまった。
その事を問いただされて「今まで作業をサボっていたような者にまで麦を刈り取らせたら、また敵が攻めてくればいいと思うようになる。
麦はまた来年蒔けばいいが、曲げてしまった気持ちはなかなか直せない」と言い、それを聞いた季孫が「穴があったら入りたい程に恥ずかしい」と言ったという故事から。
「穴があれば入りたい」「穴があるなら入りたい」とも。
【出典】 『賈誼新書』
【注意】 自らが恥じるとき以外に使うのは誤り。
誤用例 「事実無根なのに窃盗の容疑をかけられて、穴があったら入りたい」
照れくさいなどの場面で使うのは誤り。
誤用例 「みんなから美男美女のカップルだと絶賛されて、穴があったら入りたかった」
【類義】 身の置き所がない
【対義】
【英語】
【用例】 「勇気を持って漫談に挑戦したのに、誰も笑ってくれないどころか、神経を疑われた。穴があったら入りたい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス