鞍上人なく、鞍下馬なし

【読み】 あんじょうひとなく、あんかうまなし
【意味】 鞍上人なく鞍下馬なしとは、乗り手が馬を巧みに乗り回し、一体となって疾走するさま。また、乗馬に限らず巧みな操作ぶりをたたえる場合に使うことば。

【鞍上人なく鞍下馬なしの解説】

【注釈】 「鞍」とは、牛などの背に固定して、人や物を乗せるための道具。
人と馬の呼吸が合い、鞍の上の人と、鞍の下の馬が一体となって見えることから。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「鞍上人なく鞍下馬なしで、見事な連携だった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス