仰いで天に愧じず

【読み】 あおいでてんにはじず
【意味】 仰いで天に愧じずとは、自分自身をかえりみて、心にも行いにもやましいことが少しもないこと。

【仰いで天に愧じずの解説】

【注釈】 自分にやましいところが一点もなければ、天に対しても何ら恥ずべきことがないということから。
「愧じる」とは、自分の見苦しさを他人や世間に対して、恥ずかしく思うこと。
『孟子・尽心上』にある「仰いで天に愧じず、俯して人に愧じざるは、二の楽しみなり(天に対して恥ずべきところがなく、下のほうを見て人々に恥じることがないのが、第二の楽しみである)」に基づく。
君子の三楽の二番目にあたることば。
【出典】 『孟子』
【注意】
【類義】 俯仰天地に愧じず
【対義】
【英語】
【用例】 「仰いで天に愧じずだ。人にどんな陰口を叩かれようが、私自身の心は晴れ渡っている」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス