青菜に塩

【読み】 あおなにしお
【意味】 青菜に塩とは、元気をなくして、すっかりしょげている様子。

【青菜に塩の解説】

【注釈】 青菜は葉や茎に水分を含んでいるときはぴんとして元気だが、塩を振りかけると水分がなくなってしおれることから、人が打ちひしがれて、うなだれている状態をいう。
【出典】
【注意】 不調なのが身体的なことだけの場合に使うのは誤り。
誤用例 「病気をしてからの彼女は、体力もなくなって青菜に塩のようだ」
【類義】 蛞蝓に塩/蛭に塩
【対義】
【英語】
【用例】 「あんなに頑張っていたのに試験に落ちて、今の弟は青菜に塩だ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス