青は藍より出でて藍より青し

【読み】 あおはあいよりいでてあいよりあおし
【意味】 青は藍より出でて藍より青しとは、弟子が師匠の学識や技量を越えることのたとえ。

【青は藍より出でて藍より青しの解説】

【注釈】 「藍」とは、染料に使う藍草のことで、藍草で染めた布は藍草よりも鮮やかな青色となる。
その関係を弟子と師匠にあてはめて、弟子が師匠の学識や技術を越えるという意のことわざ。
荀子の言葉で、学問や努力により持って生まれた資質を越えることができるということ。
「青は藍より出でて、藍より青し。氷は水これをなして、水より寒し」に基づく。
【出典】 『荀子』
【注意】
【類義】 氷は水より出でて水より寒し/出藍の誉れ
【対義】
【英語】 The scholar may waur the master.(弟子が師匠に勝ることもある)
【用例】 「青は藍より出でて藍より青しと言うが、師匠より数段高い技術を修得するとは、たいしたものだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス