嵐の前の静けさ

【読み】 あらしのまえのしずけさ
【意味】 嵐の前の静けさとは、大きな事件や異変が起こる前の一時的に訪れる不気味な静けさのこと。

【嵐の前の静けさの解説】

【注釈】 暴風雨が襲う前、一時的に雨や風がおさまって静かな状態になることから。
不安を感じるような、不気味な静けさをあらわす。
【出典】
【注意】 多忙の前の意味に使うのは不適切。
誤用例 「今日はものすごい混雑ぶりだったが、嵐の前の静けさなのか、昨日は一人も客がいなかった」
【類義】
【対義】
【英語】 After a calm comes a storm.(凪の後には嵐が来る)
【用例】 「あれは嵐の前の静けさだったのか、あの直後にまさかあんなことが起きるとは」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス