麻の中の蓬

【読み】 あさのなかのよもぎ
【意味】 麻の中の蓬とは、善人と交われば、自然に感化されて善人になることのたとえ。良い環境によって善が生ずることのたとえ。

【麻の中の蓬の解説】

【注釈】 まっすぐに伸びる麻の中に生えれば、曲がりやすい蓬も影響を受けてまっすぐに伸びることから。
『荀子・勧学』に「蓬麻中に生ずれば扶けずして直し」とあるのに基づく。
「麻中の蓬(まちゅうのよもぎ)」ともいう。
【出典】 『荀子』
【注意】
【類義】 麻に連るる蓬/朱に交われば赤くなる/虱は頭に処りて黒し/墨に近づけば必ず黒く朱に近づけば必ず赤し/炭屋の丁稚は黒くなる/善悪は友による/丹の蔵する所の者は赤し/血にまじれば赤くなる/人は善悪の友による/水は方円の器に随う/藪の中の荊/蓬、麻中に生ずれば扶けずして直し
【対義】
【英語】 Keep good men company and you shall be of the number.(善人とつき合えば善人の仲間になれる)
【用例】 「麻の中の蓬というもので、よい親友ができてから息子は変わった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス