朝起きは三文の徳

【読み】 あさおきはさんもんのとく
【意味】 朝起きは三文の徳とは、朝早く起きると良いことがあるということ。

【朝起きは三文の徳の解説】

【注釈】 朝早く起きれば、健康にも良いし、それだけ仕事や勉強がはかどったりするので得をするということ。
「三文」とは、一文銭三枚のことで「ごくわずかな」という意味。
わずか三文だとしても、得るものがあるということで、朝寝を戒める意味を込めて使う。
元々は「早起きしても三文ほどの得しかない」という意味で使われていたともいわれる。
「徳」は損得の「得」と同じ意味で、「朝起きは三文の得」とも書く。
【出典】
【注意】 「朝起きは三文も徳」というのは誤り。
【類義】 朝起き千両、夜起き百両/朝の一時は晩の二時に当たる/早起き三両倹約五両/早起き三両始末五両/早起き千両/早起きは三文の徳/宵寝朝起き長者の基
【対義】 長寝は三百の損
【英語】 The early bird catches the worm.(早起きの鳥は虫をつかまえる)
The cow that's first up, gets the first of the dew.(最初に起きる牛は最初の朝露を吸う)
【用例】 「夜型の生活を改善したい。朝起きは三文の徳というからね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス