浅瀬に仇波

【読み】 あさせにあだなみ
【意味】 浅瀬に仇波とは、思慮深くない者ほど、おしゃべりで騒ぎ立てることが多いということ。

【浅瀬に仇波の解説】

【注釈】 「仇波」は、むやみに立ち騒ぐ波の意。「徒波」「徒浪」「仇浪」とも書く。
川の深いところには波が立たないが、浅いところにはいたずらに波が立ち騒ぐことから。
『古今和歌集』恋四の「底ひなき淵やは騒ぐ山川の浅き瀬にこそあだ波は立て」からで出たことば。
【出典】
【注意】
【類義】 空き樽は音が高い/能無し犬の高吠え/能無し犬は昼吠える/能無しの口叩き/痩せ犬は吠える/弱い者の空威張り
【対義】 食い付く犬は吠え付かぬ/上手の鷹が爪隠す/大賢は愚なるが如し/大賢は愚に近し/大巧は巧術なし/大巧は拙なるが若し/大才は愚の如し/大智は愚の如し/鳴かない猫は鼠捕る/鼠捕る猫は爪隠す/能ある鷹は爪を隠す/能ある猫は爪隠す/深い川は静かに流れる/猟する鷹は爪隠す
【英語】 Deep rivers move in silence, shallow brooks are noisy.(深い川は音を立てずに流れ、浅い小川はやかましい)
Empty vessels make the most sound.(空の容器は一番大きな音を立てる)
【用例】 「浅瀬に仇波という通り、彼女の話には重みが感じられない」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス