足下から鳥が立つ

【読み】 あしもとからとりがたつ
【意味】 足下から鳥が立つとは、身近なところで意外なことが突然起きること。また、急に思い立って慌しく行動を起こすこと。

【足下から鳥が立つの解説】

【注釈】 鳥は巣の中にいるとき、人が近づいてもなかなか飛び立たないものだが、ごく近くまで寄っていくと踏みつぶされると思い急に飛び立つ。その羽音に人間のほうが驚いてしまうことから。
「足下」は「足元」「足許」とも書く。
「足下から鳥が飛び立つ」ともいう。
『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】
【類義】 足下から雉が立つ/足下から煙が出る/青天の霹靂/寝耳に擂粉木/寝耳に水藪から棒/窓から槍
【対義】
【英語】 Many things happen unlooked for.(意外なことがよく起きるものである)
【用例】 「もうマイホームまで建ててしまったのに、ここにきて急に札幌に転勤させられることになった。足下から鳥が立つとはこのことだよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス