足下を見る

【読み】 あしもとをみる
【意味】 足下を見るとは、相手の弱点を見つけ、つけ込むことのたとえ。

【足下を見るの解説】

【注釈】 街道筋や宿場などで、駕籠かきや馬方が旅人の足もとを見て疲れ具合を見抜き、疲れた客の弱みにつけ込んで高い駕籠代を要求したことから。
「足元を見る」「足許を見る」とも書く。
【出典】
【注意】
【類義】 足下につけ入る/足下につけ込む/足下を見立てる/足下を見てつけ上がる
【対義】
【英語】
【用例】 「あの会社は、いつも相手の足下を見て商談に応じる」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス