朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり

【読み】 あしたにみちをきかば、ゆうべにしすともかなり
【意味】 朝に道を聞かば夕べに死すとも可なりとは、朝に人がどう生きるべきかを悟ることができれば、夕方に死んだとしても後悔はないということ。

【朝に道を聞かば夕べに死すとも可なりの解説】

【注釈】 ここでの「道」とは、物事の道理、人の在り方を意味する。
『論語・里仁』にある孔子のことばで、人としての道を追求することの大切さをあらわす。
「あした」は元々「朝(あさ)」を意味した言葉で、「朝」と書いて「あした」と読む。
「聞かば」は、現代語の仮定法。「聞けば」とも。
【出典】 『論語』
【注意】
【類義】
【対義】 酔生夢死
【英語】
【用例】 「朝に道を聞かば夕べに死すとも可なりだが、自分の正しい生き方についての答えは、簡単には出ないだろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス