朝には富児の門を扣き、暮には肥馬の塵に随う

【読み】 あしたにはふじのもんをたたき、ゆうべにはひばのちりにしたがう
【意味】 朝には富児の門を扣き暮には肥馬の塵に随うとは、金持ちや身分の高い人に取り入ろうとするさま。

【朝には富児の門を扣き暮には肥馬の塵に随うの解説】

【注釈】 富児とは、身分が高く裕福な人のこと。
朝は金持ちの人の門を叩いてご機嫌をうかがい、夕方には肥えた馬に乗っている権力のある人の後ろから埃を浴びてお供をするという意から。
【出典】 杜甫・詩『韋左丞丈に贈り奉る』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「朝には富児の門を扣き、暮には肥馬の塵に随うような彼とは気が合わない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス