明日は明日の風が吹く

【読み】 あしたはあしたのかぜがふく
【意味】 明日は明日の風が吹くとは、先のことを案じても始まらないので、成り行きに任せて生きるのがよいということ。

【明日は明日の風が吹くの解説】

【注釈】 明日が来れば今日とは違う風が吹くものだから、くよくよ考えても取り越し苦労になるだろう。
物事はなるようになるのだという開き直りや、不遇の身を慰める意で使う。
「あした」は「あす」とも読む。
【出典】
【注意】
【類義】 明日は明日の神が守る/明日のことは明日案じよ/明日は明日、今日は今日/明日はまだ手つかず/沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり
【対義】 明日ありと思う心の仇桜/明日食う塩辛に今日から水を飲む/明日知らぬ世
【英語】 Let the morn come and the meat with it.(明日は明日の食物を持って来る)
【用例】 「明日は明日の風が吹くと言うし、あれこれ考えているよりは、今するべき仕事を全うしよう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス