明日ありと思う心の仇桜

【読み】 あすありとおもうこころのあだざくら
【意味】 明日ありと思う心の仇桜とは、明日はどうなるかわからないという、世の中や人生の無常を説いたことば。

【明日ありと思う心の仇桜の解説】

【注釈】 明日も咲いているだろうと思っていた桜も、夜のうちに嵐が吹いて散ってしまうかもしれないという意味から。
「仇桜」とは散りやすい桜の花のことで、はかないもののたとえ。
『親鸞上人絵詞伝』に「明日ありと思ふ心の仇桜、夜半に嵐の吹かぬものかは(明日もまだ桜は咲いていると思っているが、夜更けに嵐がきて桜の花を散らすことがないといえようか、そんなことはない)」とある。
「明日ありと思う心の徒桜」とも書く。
【出典】
【注意】
【類義】 朝に紅顔ありて夕べに白骨となる/諸行無常/無常迅速/世の中は三日見ぬ間の桜かな
【対義】 明日は明日の風が吹く/明日のことは明日案じよ/明日はまだ手つかず
【英語】
【用例】 「明日ありと思う心の仇桜というが、彼女の人生はきらびやかでいて、あっという間でもあった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス