頭隠して尻隠さず

【読み】 あたまかくしてしりかくさず
【意味】 頭隠して尻隠さずとは、悪事や欠点などの一部を隠して、全部を隠したつもりでいること。

【頭隠して尻隠さずの解説】

【注釈】 雉(きじ)は、追われると草むらの中に頭を突っ込んで隠れたつもりでいるが、尾は丸見えになっていることから。
一部だけを隠して、すべてを隠したつもりでいる愚かさを笑うことば。
『江戸いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】
【類義】 頭を隠して尾をあらわす/頭隠して尻を出す/柿を盗んで核を隠さず/頭隠して尾を出す/雉の隠れ/雉子の草隠れ/団子隠そうより跡隠せ/蚤の隠れたよう/身を隠し陰を露す/辣韮食うて口を拭う
【対義】
【英語】 The foolish ostrich buries his head in the sand and thinks he is not seen.(愚かなダチョウは頭を砂の中に埋めて、他からは見えないと思っている)
【用例】 「お母さんに内緒でケーキを食べたでしょ?フォークは片づけても、口の周りのクリームが頭隠して尻隠さずになっているわよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス