新しい酒は新しい革袋に盛れ

【読み】 あたらしいさけはあたらしいかわぶくろにもれ
【意味】 新しい酒は新しい革袋に盛れとは、新しい思想や内容を表現するには、それに応じた新しい形式が必要だということ。

【新しい酒は新しい革袋に盛れの解説】

【注釈】 『新約聖書』マタイ伝第九章の一節に、「新しき葡萄酒を古いき革袋に入るることは為じ。もし然せば袋張り裂け、酒ほとばしり出てて袋もまた廃らん。新しき葡萄酒は新しき革袋に入れ、かくて両つながら保つなり(新しいぶどう酒は古い革袋には入れない。そんなことをすれば革袋が破れて酒が漏れるし、袋もだめになる。新しいぶどう酒は新しい革袋に入れれば、ぶどう酒も袋も両方が保たれる)」とあるのに基づく。
ここでの「新しき葡萄酒」は、それまでのユダヤ教に代わるキリスト教の教えをさす。
「新しき酒は新しき革袋に盛れ」とも。
【出典】 『新約聖書』
【注意】
【類義】
【対義】 新しい酒を古い革袋に盛る
【英語】
【用例】 「新しい酒は新しい革袋に盛れというが、あの組織はいつまで経っても古い体質に固執している」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス