当たらずと雖も遠からず

【読み】 あたらずといえどもとおからず
【意味】 当たらずと雖も遠からずとは、ぴたりと的中はしていないが、見当外れでもないこと。

【当たらずと雖も遠からずの解説】

【注釈】 射た矢が的に命中はしていなくとも、それほど外れてもいないということから。
『礼記(大学)』に「心誠に之を求むれば、中らずと雖も遠からず(君主が真心をもって実践するならば、完全にそれを成就できないまでも、ほぼ近い形には達成できる)」とあるのに基づく。
このように、本来は真心の大切さを述べた句であったが、現在ではほとんど「的中ではないが的はずれではない、という意味で使われている。
「雖も」は「~であっても」という意味。
【出典】 『礼記』
【注意】 「当たらずとも遠からず」は本来誤りであるが、一般的になりつつある。
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「あなたの本心は、言葉とは正反対ではないですか。当たらずと雖も遠からずでしょう?」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス