当たるも八卦、当たらぬも八卦

【読み】 あたるもはっけ、あたらぬもはっけ
【意味】 当たるも八卦当たらぬも八卦とは、占いは当たることもあれば当たらないこともあるということ。

【当たるも八卦当たらぬも八卦の解説】

【注釈】 占いは、当たることもあるし外れることもなるものなのだから、占いの吉凶は気にするなということで、悪い結果が出たときに使われることが多い。
「八卦」とは占いのこと。易で、陰と陽を示す算木の組み合わせで得られる八種の形から。
【出典】
【注意】 占い以外の当たり外れに使うのは誤り。
誤用例 「当たるも八卦、当たらぬも八卦とはよく言ったもので、当たると評判の売り場で毎年年末ジャンボ宝くじを買っているのに、一度も当たった試しがない」
【類義】 合うも不思議、合わぬも不思議/合うも夢、合わぬも夢/当たるも不思議、当たらぬも不思議/八卦の八つ当たり
【対義】
【英語】
【用例】 「当たるも八卦、当たらぬも八卦だよ、星占いの結果が悪かったからといって気にすることはない」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス