後足で砂をかける

【読み】 あとあしですなをかける
【意味】 後足で砂をかけるとは、人から受けた恩義に報いるどころか、去り際に迷惑や損害を与えたり、裏切ることのたとえ。

【後足で砂をかけるの解説】

【注釈】 犬や馬が駆け出すとき、後足で土を蹴散らすようすから。
「後ろ足で砂をかける」「後足で砂を蹴る」「後足で砂を浴びせる」「後足で砂をぶっかける」などともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 愛犬に手を噛まれる/恩を仇で返す飼い犬に手を噛まれる/片屋貸して母屋取られる/借家栄えて母屋倒れる/鉈を貸して山を伐られる/軒を貸して母屋を取られる庇を貸して母屋を取られる
【対義】 立つ鳥跡を濁さず飛ぶ鳥跡を濁さず
【英語】
【用例】 「あれだけ親身に世話をしたのに、よくも後足で砂をかけるようなことができるものだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス