後の雁が先になる

【読み】 あとのかりがさきになる
【意味】 後の雁が先になるとは、後から来た者が先を行く者を追い越すこと。

【後の雁が先になるの解説】

【注釈】 雁は一列に並んで飛んでいるが、後尾についていた雁が前に出ていき雁行が乱れるようすから、(地位や学問において)遅れていた者が、先の者が油断している隙に追い越すさまや、後輩が先輩を追い越して、出世したりすることをいう。
また、年下の者が年上の者より先に死ぬこともいう。
「雁」は「がん」とも読む。
単に「後の雁」とも。
【出典】
【注意】 後から来た者に道を譲るの意味で使うのは誤り。
誤用例 「後の雁が先になるというように、そろそろ新人に座を譲って私は引退しようと思う」
【類義】 後の烏が先になる/後舟かえって先になる/先の雁が後になる
【対義】
【英語】 Many that are first shall be last; and the last shall be first.(多くの先の者は後になり、最後の者は先になるだろう)
Last in bed best heard.(一番朝寝坊の者が一番聞いてもらえる)
【用例】 「後の雁が先になるということもあるのだから、この成績をキープするよう努力を怠ってはいけない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス