後の祭り

【読み】 あとのまつり
【意味】 後の祭りとは、時期に間に合わないこと。手遅れのこと。

【後の祭りの解説】

【注釈】 祭りの翌日である祭礼のことで、お供え物を下げて飲食する習慣があったことから、用済みになった山車や祭事用具は顧みられないことから。
物事が時機を外して手遅れなこと、効を失うことをいう。
【出典】
【注意】
【類義】 後薬/証文の出し遅れ/六日の菖蒲、十日の菊
【対義】
【英語】 a day after the fair.(縁日の翌日)
The bird is flown.(鳥は飛んで行ってしまった)
【用例】 「今さら嘆いても後の祭りだよ。自分自身の裏切りのせいで、奥さんに三行半を突きつけられたんだろう」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

後の祭りの意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス