後は野となれ山となれ

【読み】 あとはのとなれやまとなれ
【意味】 後は野となれ山となれとは、目先のことさえ解決できれば、後はどうなってもかまわないというたとえ。

【後は野となれ山となれの解説】

【注釈】 後のことは、野になるならなれ、山になるならなれ、という意から、当面のことさえ片付いてしまえばどうなってもかまわないということ。
自分はするだけのことはしたのだから、後のことは知ったことではないという開き直りの気持ちを込めて使う。
勝手にしろとばかりに居直るとも言えるし、場合によっては潔く見えることもある。
【出典】
【注意】 最後まで責任を持ち続ける気持ちがあるまま使うのは誤り。
誤用例 「この企画に関しては準備万端で、開始する日を待つばかりだ。やるだけのことはやったのだから、後は野となれ山となれの精神でもう一歩がんばろう」
特定のものさえ良ければ、後はどうでもいいという意で使うのは誤り。
誤用例 「うちのクラスさえ入賞すれば、後は野となれ山となれだ」
【類義】 先は野となれ山となれ/末は野となれ山となれ/旅の恥はかき捨て/旅の恥は弁慶状
【対義】 鷺は立ちての跡を濁さず/立つ鳥跡を濁さず飛ぶ鳥跡を濁さず/鳥は立てども跡を濁さず
【英語】 After us the deluge.(私たちの後に洪水が来るなら来い)
【用例】 「任されていた仕事を急に放り出し、会社の人間関係もめちゃくちゃにしておいて、後は野となれ山となれとばかりに音信不通だ。社会人としての自覚があるのだろうか」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス