暑さ寒さも彼岸まで

【読み】 あつささむさもひがんまで
【意味】 暑さ寒さも彼岸までとは、夏の暑さも冬の寒さも、春秋の彼岸を境として次第に薄れていき、それ以後は過ごしやすくなるという言い伝え。

【暑さ寒さも彼岸までの解説】

【注釈】 「彼岸」とは、雑節の一つで、三月の春分・九月の秋分を中日とする前後三日を合わせた七日間のこと。
もともとは、この期間に行われる「彼岸会」のことをさしたが、現在はこの期間のことをいう。
春分と秋分の日は昼夜の長さがほぼ等しく、気候の変わり目でもあり、この頃になると夏の暑さも冬の寒さも薄れ、過ごしやすい気候になっていく。
「暑い寒いも彼岸まで」「暑さ寒さも彼岸ぎり」「寒さ(暑さ)の果ても彼岸まで」とも。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「暑さ寒さも彼岸までと言うから、残り数日間もがんばろう」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス