会うは別れの始め

【読み】 あうはわかれのはじめ
【意味】 会うは別れの始めとは、出会った人とは必ず別れなければならぬということ。

【会うは別れの始めの解説】

【注釈】 この世で出会った人とは、いつか必ず別れが訪れる。
出会いは必ず別れをもたらすという世の無常をいうことわざ。
別れの悲しみや、愛のはかなさ、人生のはかなさをあらわすが、それは出会う喜びがあったからこそである。
始めがあれば終わりがあり、楽があれば苦があるのと同じように訪れるものなのだから、別れがくるまでの時間を大切にすることが大事だという意が込められている。
「会うが別れの始め」「会うは別れ」「会うは別れの基(もと)」ともいう。
「会う」は「逢う」とも書く。
【出典】
【注意】 「会うは別れの初め」と書くのは誤り。
【類義】 合わせ物は離れ物/会者定離/別れなくして出会いなし
【対義】
【英語】 We never meet without a parting.(別れのない出会いは無い)
The best of friends must part.(一番の親友とでも必ず別れはおとずれる)
【用例】 「どんなに好きな人ができても、会うは別れの始めなのだと思うと、悲しい気持ちになる。けれども、それを悲嘆するよりも、自分はその人と一緒に過ごせる時間を大事にしていきたいと思っている」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス