過ちては改むるに憚ること勿れ

【読み】 あやまちてはあらたむるにはばかることなかれ
【意味】 過ちては改むるに憚ること勿れとは、過ちを犯したことに気づいたら、体裁や対面などにとらわれず、ただちに改めるべきだという戒め。

【過ちては改むるに憚ること勿れの解説】

【注釈】 「憚る」とは、ためらう、気兼ねするの意。
「なかれ」は文語形容詞「なし」の命令形。禁止をあらわす。
人は誰も過ちをおかすものだが、その過ちに気づいたらすぐに改めるべきだという教え。
『論語・学而』に「忠信を主とし、己に如かざる者を友とすること無かれ、過ちては則ち改むるに憚ること勿れ。(真面目で誠実であることを目標とし、自分に及ばない者を友としてはいけない。過失を犯したことに気づいたら、すぐに改めなければならない。)」とあるのに基づく。
「過ちては」は、「過ちて」「過ちては則ち」「過って」ともいう。
【出典】 『論語』
【注意】
【類義】 過ちて改めざる、是を過ちと謂う
【対義】
【英語】 It is never too late to mend.(行いを改めるのに、遅すぎることはない)
To err is human, to forgive divine.(過ちは人の常、許すは神の心)
【用例】 「意地を張らずに謝って来い。過ちては改むるに憚ること勿れというだろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス